PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

do my best

ダメもとで体外受精に挑戦しました。ようやく授かった赤ちゃんを一生懸命育てたいと思います。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
番外編 仲直り
JUGEMテーマ:育児



番外編 過剰な心配の彼女と仲直りが出来ました。

沢山心配してくださった皆さん、本当にありがとう。

仲直りのきっかけは、彼女からの電話。
素直に「ごめんね」と…
私も
「きっと私自身が一番心配してたことだったから
 つい過剰反応しちゃったの。ごめんね」
って、お互いにごめんねって事で(^.^)

「彼女」は、実は「姉」です。

きっと姉は私の妊娠を誰よりも願ってくれてたから、
ようやく妊娠できた事を一番に報告したし
ただただ祝福してくれると…勝手に思ってた。

でも、姉は自分がつわりがひどくて流産経験もあるから
妹も同じ体質だったら??って思って、
過剰に心配してくれてたんだよね。
「妹が苦労してせっかく授かった命」のために、
言いにくい事を言ってくれたんだよね。

でも私は反抗するばかりで…
その時は「流産」なんて考える事すらしたくなかったから。
だから、素直に聞けなかった。

仲直りが出来て本当にホッとしています。
流産への恐怖心も日に日に薄れてきています。
気持ちが安定してきたのかな?


今は…姉の言ってくれた事も含めて
「自分なりのマタニティライフ」を目指してる。

私にとって
「自分なりのマタニティライフ」とは。。。

食う寝る遊ぶ+働く

妊娠前と変わらないやん(^o^)丿

| 体外受精 | 08:59 | comments(1) | - | - |
体外受精 フライング判定〜心音確認
JUGEMテーマ:育児



続けてupしちゃいます!

痛い痛い注射の日々を終え、
10月29日までの4日間。
通院も注射もなく快適にすごしていたわけですが、
なんせ気になるのはただひとつ。

「妊娠してるか否か」

フライング…しちゃダメって思いつつ。
薬局にて、検査薬を購入。
いやいや。買っただけですバイ。
買い置きですバイ。

と自分に言い訳してみても。。。
やっちゃいました。
10月27日。


で、以前にも書きましたが、
出ました〜〜〜〜!!!生まれて初めての陽性反応。
ビックリあ然、驚いたなんてもんじゃありませんでした。

本気でナンジャコリャ〜ですよ。
正直記憶がありません。
確か、27日って土曜日で…
旦那が帰ってくる前に検査して。泣きながら旦那に電話。

泣いているのでダメだったのかと
旦那がダッシュで帰宅。
あ〜いやいや。感涙ですよ!感涙!!!
記憶がないので定かではないけど、
多分ヘンな事を口走った様子。
そりゃ心配するわな。

という訳でフライング検査無事終了♪
10月29日
病院にて陽性反応
先生も看護士さんも私もホッと一息。


やっぱりね〜。
OHSSになるわ、黄体ホルモンで腕がはれ上がるわ
私ってかなりの問題児だから。
みなさん心底心配しててくれたみたいでして。
ありがたいことです。本当に。

でもでもでもでも〜(小島義男風に)
先生の一言で奈落のソコ…
「黄体ホルモン注射1週間追加しましょう」


あ〜〜〜〜〜(-_-;)
まぁね。
いいですわ。
赤ちゃんがいるって分かったから。
希望がある痛みだもんね。


でも、辛かったなぁ。
1週間が長く長く感じて。
この注射ばかりは誰にも代わってもらえないもんね。


という訳で、更に1週間。
またまたシコる腕とおしりをさすりつつ、
注射の日々を耐えました。



10月5日
胎嚢確認♪
チッコイ黒い袋の中に白い豆みたいなのが見えて、
ピクピクしてた。
「はじめまして♪赤ちゃんをずっと待ってたよ!」
って診察台の上で心の中で声を掛けました。

更に先生から「注射はもう卒業。頑張ったね」て言われて、
めちゃめちゃ嬉しかった。


さて次は心音を確認できる日まで…ドキドキです。

11月19日
無事心音確認。
少し大きくなったチッコイ白いのの中心が
ピクンピクンしてて、ちゃんと脈打ってるのが
わかりました。
見たところ、3分の1が心臓って感じ♪
すごいね!
先生が元気な子だよって。
見るだけでわかるのかな?



という訳で、
ココまでが体外受精から今までの記録です。
次の診察は12月10日。
多分、予定日が分かります。
| 体外受精 | 13:02 | comments(2) | - | - |
体外受精 胚移植〜激痛注射の日々
JUGEMテーマ:育児


ぶっちゃけちゃいますと…
採卵〜OHSSが大変だった私としては、
胚移植はあっという間の出来事。

かる〜く流れていった感じでした。
でも…その後が大騒ぎ(*_*;
黄体ホルモンの注射が痛くてイタクテ(涙
いや、マジで(涙
ヤバかったです。



とりあえず↓↓私の胚移植体験♪ど〜ぞ!
(最初の方は穏やかです)

9月20日 day1 生理開始。
 子宮の回復具合が気になるところ。
9月29日 day10
 子宮の回復順調♪肺移植にはまだまだ
10月3日 day14
 卵ちゃん17ミリ もう少しかな?
10月5日 day16
 卵ちゃん19.4ミリ そろそろかな?って事で、hCG注射

今後の予定が決まる…
10月5日〜10月11日まで(何の注射だったか忘れた)毎日
 そこそこ痛いけど気分上々♪

10月12日胚移植当日
 採卵の時も今回も私の病院では全身麻酔。
 採卵の時の目覚めの悪さがトラウマになってて、
 実は全身麻酔が怖くて仕方ない(-_-;)
 でもやるっきゃない!ので、気合を入れまくって
 イザ出陣〜〜〜〜(^o^)丿

 12時30分病院入り
 13時 胚移植開始
 14時 目覚める…あれ?全然平気♪
 って事で、知らぬ間に胚移植完了!
 こんだけ?え?あれ?気合…入れたんだけども?って感じ。


 この時はこれから始まるイタ〜イ生活を知る由もなく…
 あ〜今思い出してもイタイ(@_@;)

肺移植当日から2週間(10月12日〜25日)まで
黄体ホルモン注射
確か最終日だけ油性の長持ち黄体ホルモン注射だったような。


はいはい、出て参りました。
この「黄体ホルモン注射」・・・
本当に本当に痛かった。
OHSSを上回るんじゃないかっちゅー位の代物でした(;_;)

毎日毎日注射の日々が2週間。
両腕、両おしりの4箇所をローテーションして
打つわけですが…
私は、おしりの注射がイマイチ苦手でして。
それで、最初の何日かは両腕の2箇所だけで頑張ろうかと思ってたわけです。
そしたらですね〜。
ま〜4日目…2本ずつ打った時点で、
両腕に異変が!!!!

注射の後がシコって、激痛。
熱を持って腫れてます(*_*;あぅ
おまけに痛くて腕が上がらなくなっちゃったのです。

私はことごとく注射が合わないのか何なのか、
看護士さんがビックリするほど
真っ赤に腫れてしまって…

注射の日々ももちろんお仕事はしてたんですが、
なんせお惣菜を作る仕事。
ボールとかいろいろなものが上の棚にあったりします。
そのボールやら何やらが・・・取れない(*_*;
腕が上がらないっちゅーのは本当に不便です。
しかも、病院には車で通ってたんだけど
腕が腫れてるピーク時には、運転すらつらい感じで。

注射5日目に、心配した看護士さんから
「おしりも使おうよ」って言われて、
しぶしぶ承諾。
もう腕がこうなっては背に腹は変えられん!!!

という訳で、4箇所ローテーション開始♪
でもなかなか終わらない2週間(-_-;)

注射した箇所に少しでも次の注射がかぶると
しこりがしこりを呼んでカチカチに…
夜眠れないほど痛い。。って言うか寝返りが打てない。

いや〜参りました。
でも、何もかも赤ちゃんのため。
そう思って、頑張ったよ!

判定日まで、赤ちゃんがしがみついててくれたら
こんな痛みなんて大したことないって気持ちで。

・・・辛かったけどね。


という訳で、胚移植から黄体ホルモン注射。
こんな感じでした。

次は判定日ですが。。。
なんと更に1週間黄体ホルモン注射追加(@_@;)され…
人生最大の危機を迎えた渋紺なのでした。


OHSSに引き続き、痛い話ばっかりでごめんなさい。
| 体外受精 | 12:02 | comments(4) | - | - |
体外受精 卵ちゃんの成長〜お休み期間中
JUGEMテーマ:育児


気を取り直して〜〜〜(^o^)丿
今日は卵ちゃんの成長とお休み期間のことを少し。


採卵できた21個の卵ちゃんの物語。

結果から言えば…4個の卵ちゃんは自然淘汰。

元気な17個の卵ちゃん達は、
知らぬ間にスクスクと成長しててくれたようで…

基本の5日目までに胚盤胞になってくれた子が15個
ちょっと遅めの6日目までに胚盤胞になってくれた子が1個
さらにゆっくり7日目までに胚盤胞になってくれた子が1個
合計17個が立派な胚盤胞に。

先生が写真をくれました。
我が家の宝物です(^_-)-☆

私がOHSSになってしまって、すぐの肺移植が無理だったから
もちろん全て凍結保存♪
(ちなみに…1個だけ凍結でも、私みたいに17個凍結してもらっても、
料金って変わらないのね。ちょっと得した気分でした♪)

後に培養士さんとお話する機会があって
「凍結保存の機械には「渋紺、渋紺、渋紺、渋紺」って
何本も渋紺印が貼ってあって…
ちょっとした「渋紺村」が出来てるわよ♪うふふ♪
こんなに沢山の採卵できる人も珍しいけど
こんなに沢山胚盤胞になってくれたのは初めての経験。
培養士冥利に尽きました。」
とおっしゃってくださって…
旦那と培養士さんと私の3人で不敵な笑みキスマーク


ひと口に胚盤胞と言っても、
何段階かのグレードに分けられて
グレードが低いと移植は無理だったりするんだよね。
胚盤胞になれても、そういう難関がまた待ってる。

つくづく体外受精って、
ひとつひとつの段階がドキドキだよね。

で、私の胚盤胞ちゃんたち。
なんと、全てグレードB以上。大半がAかAダッシュ。
17個全ての胚盤胞が移植できるグレード…
このときばかりは(普段祈ったりしないくせに)
神様に本気で感謝♪
沢山のチャンスを与えてくれたことに
勇気を頂きました。


卵ちゃんたちのいい結果を受けて、
お休み期間中の私は、とても快適で…
とても自然に「妊娠」に向っていたような気がします。
もちろん、1回の移植で妊娠できるなんて
夢のまた夢だったけど、
「いつか」は妊娠できる希望が見えてきた感じでした。


今までが、「妊娠できる希望」すら持てない状態だったからね。
卵ちゃんたちに勇気をもらって
「ママ頑張れるかも!」って感じ♪
OHSSの痛みが治まってからは、
沢山美味しいお酒を飲んで、美味しいものを食べて、
笑って、歌って、はしゃいで…めちゃくちゃ楽しみながら
子宮の回復を待ちました。

子宮の回復には人それぞれかかる時間が違うようで。
私の場合は採卵周期ともう一周期で回復できました。


さて次は本当に胚移植です。
| 体外受精 | 11:29 | comments(2) | - | - |
番外編 過剰な心配
JUGEMテーマ:育児



こにゃにゃちは。
渋紺です♪

人生楽ありゃ苦もさるさ…とは良く言ったもので。
先日、とても凹むことがありました。

ある人(以下彼女)が私の事を過剰に心配してくれています。
ありがたいとは思います。でも…
彼女の過剰な心配が私を傷つけ、
おかげで今、私は「流産」への恐怖心で一杯です。
なるべく考えないようにしても、なかなか上手く行きません。

「過剰な心配」に傷つけられる事があるなんて
思ってもみなかった。
心配してくれてる彼女には悪いけど…
心配してもらった内容よりも、
こうやって追い込んで悩ませることの方が
流産を招くのでは?と…そっちの方が心配です(;_;)
| 体外受精 | 10:35 | comments(2) | - | - |
体外受精 採卵〜OHSS
普通に遊びに来ていただいた方。
またOHSSのキーワードでこちらにいらした方。
こにゃにゃちは!


始めましてだったりしますね。
渋紺です。よろしくです♪


いや〜OHSSって激痛ですね。
本当に死ぬかと思いました。
私の場合は、その後妊娠しなかった(胚移植断念)ので
こんなんで済みましたが、
その後妊娠された方はさらなる苦しみに耐えたのだと思うと、
頭が下がります。
hMG注射でこんなに反応してしまったのは、卵巣が元気な証拠♪
と自分を慰めてみても…
何もこんなに痛くなくてもいいんじゃないの?と
泣けてくる自分もいて。
なかなか出来ない経験をしました。

とにかく採卵からOHSSまで。
それではど〜ぞ!!!




7月22日 1日目 × 体外受精周期はじまり〜〜〜♪
7月23日 2日目 × 診察 hMG注射開始
7月24日 3日目 × hMG注射
7月25日 4日目 × hMG注射
7月26日 5日目 × hMG注射
7月27日 6日目 hMG注射 診察 卵胞まだ小さい
7月28日 7日目 hMG注射
7月29日 8日目 診察 hMG注射 セトロタイド注射 いい大きさに
7月30日 9日目 hMG注射 セトロタイド注射
7月31日 10日目 hMG注射 セトロタイド注射
8月1日 11日目 診察 hMG注射 セトロタイド注射 夜、hCG注射
8月2日 12日目 
8月3日 13日目 採卵(全身麻酔にて)

手術直後旦那が先生に
「卵巣の腫れがあり、出血もあり。出血が止まらなければ緊急手術だったけど、とりあえず出血は止まったので、大丈夫だと思います。様子を見ましょう。
卵は21個採取できました。肺移植は今周期は卵巣の腫れが治まってからの方がいいかな」
なんて言われてたらしい。

        ・・・そんな事とはつゆ知らず、手術後目覚めとともに激痛
        痛かった卵管造影の10倍くらいの痛さ、
        意識朦朧(@_@;)
        呼吸が苦しい 看護婦さんがそんなに?って不思議そう。
        膣に圧迫感。お腹が張ってる。
        手術後に入れられていたタンポンを抜いてもらったけど、
        圧迫感そう変わらず(*_*;
        自力で起き上がるのが…痛くて無理〜〜〜!!!
        食事、着替え、思うように出来ない。
        でも目の前に置かれたランチはなにやら美味しそう(^.^)
        ちょっとずつ体をずらしながらようやくベッドの上に座る。
        やっとこさっとこ食事(やっぱり美味♪)
        食後、着替えをして(時間かかった〜(;_;))診察を待つ
        とにかく痛いけど、あんまり理解してもらってない様子
        私の後から採卵した人は、ものすごく元気そう♪
        ちょっとだけ、おしゃべり。良い人だった(^o^)丿
        2時くらいに診察
        診察台が地獄のよう…痛いなんてもんじゃない
        歩くだけで激痛なのに、診察台に上がるなんて!
        しかも自動で足開くヤツ。。。
        あれはかなりの拷問(T_T)
        先生も「診察しただけなんだけど、そんなに?」って調子
        この痛みって尋常じゃないってこと?
        こんな痛がる人いないってこと???
        診察台から降りた直後、あまりの痛さで大泣き
        ようやく先生、看護婦さん共に
        「事の重大さ」に気付いた様子…頼むよぅ(@_@;)
        

----------もう分かりましたね?
そうです。OHSSになってしまったのです--------
             (奥様は魔女風に読んでくださいませね)

その後診察室で、
21個の卵ちゃんを採卵出来た事。
旦那の採精もOK。
卵の成長はまた報告します。と説明を受け。。。
さらにOHSSの症状については様子見。
治まるか悪化するか…私のようになる人は稀で
300人に一人くらいだとか(*_*;運ワルイ↓
hCG注射が引き金になって、最終段階で爆発的に
卵ちゃんが成長しちゃた感じ。
でもこうなってしまっては今周期の胚移植は断念せざるを得ない事。
などなど説明を受けて…
って言うか、痛くて聞いてる場合じゃないくらいなんだけど、
何故かその時の説明は鮮明に覚えてる(@_@;)人間って不思議ちゃんね♪


この日はとりあえず、
先生、看護婦さんが心配する中、そそくさと帰宅。
何かあったら夜中でも来てくださいってさ。
ちょっと病院のフリーパスを頂いたような気分♪むふ♪


苦しみながらも、もらった鎮静剤を飲んで寝る。
右の肋骨、鎖骨、肩辺りが激痛。左腕を下にしてないと眠れない。
時々、呼吸困難。痛くて、ずっと泣きべそ。
----今思うと卵巣が腫れて腹水がたまってて
横になると肺を圧迫してて、呼吸が苦しかったんだね-----

体が重く(いつもよりね♪)、横になってるのがつらい。
どうにもこうにもならないけど、痛いながらも強引に寝る。
お腹の張り、最高潮に達する。


8月4日
昨日よりは痛み、呼吸共に楽になる。
でもやっぱり痛い。お腹の張りも継続中。歩くのやっと。
でも食欲はあり。
トイレがこれまた激痛。
人間は排泄に結構力を入れている事を知る(*_*;
仕事はもちろん休んで、一日グダグダしてる。

8月5日
昨日一昨日に比べるとラクチンに。
だけど、お腹の張りが残り、歩くのはビックリするほどスロー。
6日(月曜)から仕事に復活したかった私は、
お腹の張りは気のせいか?とか強気に思って、
気合を入れるために外食なんかしてみたりする。
でも歩くのがやっぱりやっとで、お腹の張りが収まる気配なし。

お腹が痛くても大丈夫かな〜と安易な気持ちで
6日から仕事行く気マンマンだったんだけど、
仕事の前に診察してもらった方がいいのでは?と思い付き…
3日からの自分の状態を書き出してみる。
「もしかして全然治ってない???」とかなり不安になる…
病院のフリーパスを持ってる私としては
「こんなにお腹が張ってるのに明日から仕事して大丈夫か」を
聞く為に早速病院へ電話。

ところが返事がビックリ「すぐ来てください!」との事。
日曜の夜だと言うのに、緊急診察してくださいまして。。。
仕事はドクターストップ。
こんな状態で立ち仕事したら、倒れちゃうよ!との事。
そうなの?
よくわかんないけど、結構ヤバイ印象は受けた…
卵巣の腫れは次の生理が来るまで、続くらしい。あ〜〜〜〜。


診断の結果は…とにかく安静に。
先生からは、入院しますか?って聞かれたけど、
詳しく聞いたら、入院して安静って…ベッドで寝てるだけで
結局は次の生理が来て、腹水が治まるまでは
痛くても大した処置は出来ないらしい。
という訳で…
自宅で安静を選択。
腹水が溜まってウエストがナント!90センチ(涙
ぷっくり腫れたお腹との格闘の日々(-_-;)



でも不思議。
ピークを超えるとだんだんお腹がしぼんできて…
1週間後仕事復活♪
復帰した頃は、両手で大きいもの(軽くてもNG)を抱えるのが
ちょっと辛かったけど、それ以外は普通に。

人間っていろんなアクションをする時
お腹に力いれてるんだな〜って実感しまくり。

回復しだすとドンドンよくなって、
生理が予定より早く来てくれたのも手伝って、
なんとか完治♪

でもその後1周期はやっぱりお休みしないとって事で、
胚移植は順調に行けば10月となりました。


次は、胚移植です。
| 体外受精 | 22:25 | comments(2) | - | - |
お久しぶりッス!!
本当に本当にお久しぶりです。


今年の2月。
ちょっとお休みする事にしてから数ヶ月。
あっという間に11月も後半…早いな〜(>_<)



え〜っとですね。
とりあえずご報告などなど。



実は、悩みに悩んで、7月にやっとこ決心がつき…
体外受精に挑戦してみました。



そして…本日11月20日、
やっとこ妊婦になれた事を報告できる日が参りました。


経過を軽く説明しますと…
8月3日 採卵
  なんと!21個採卵⇒17個の胚盤胞
  OHSSになる(*_*;胚移植断念。
  激痛に耐えつつ採卵周期+もう一周期様子見でお休み
9月20日 最終生理開始
10月12日 胚移植
10月27日 市販の検査薬で陽性反応
10月29日 病院にて陽性反応
11月5日 胎嚢確認(胎嚢17ミリ赤ちゃん3ミリ)
11月19日 心音確認(赤ちゃん14ミリ)
ただ今8週くらいだそうです。


なんだかブログを書いてるみなさんみたく、
○w△dってのがイマイチわかんないんだけど(-_-;)
昨日先生に聞いたら
「ん〜8週くらいですよ」って事なので。
そこら辺。アバウトでいいかな?と。


はじめに陽性反応が出た時はついつい

ねえさん!事件です!!! (>_<)←古い?

と叫んでしまったほど。



だって、今まで一度も陽性反応が出た事なかったから。
ビビリマシタ〜〜〜(@_@;)

なにコレ?って感じです。
10月27日に初めて市販の検査薬で検査した時
(陽性だと+になるヤツ)
尿をかけてしみ込んで行く途中で反応あり。。。


姉さん!大事件です!!!!! (*_*;しつこい?
あはは。


うれしいってより、ア然冷や汗


なんじゃこりゃ〜〜〜(今度は松田雄作でした汗




と、言うわけであ然としてた私はさておき、
赤ちゃんはその後も成長を続け…
昨日無事心音確認、先生が
「良かったね、元気な子だよ」って(涙


こんな私でもようやく妊婦になれたみたいです。




いつupできるかわからないけど…
初めての体外受精の感想やOHSSのこと、
私の妊娠までの気持ちなどなど、
少しずつ書いていきたいな〜と思ってますので、
今後もよろしくお願いします♪



では、返り咲き渋紺でした(^o^)丿
| 体外受精 | 16:57 | comments(2) | - | - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
やっぱり赤ちゃんを産みたい!―妊娠するためのガイドブック
やっぱり赤ちゃんを産みたい!―妊娠するためのガイドブック (JUGEMレビュー »)

これから治療を始める人も、迷ってる人も、
いろいろ詳しく載ってるよ。
SPONSORED LINKS
OTHERS